費用と計画|介護付有料老人ホームを探す時に必要な情報とメリット

無駄のない費用計画で介護付有料老人ホームをより便利に活用できる

「足りなくなった」を避けるために

無計画の状態で入所しても、後から費用面で苦しくなり結局退所する羽目になります。それを避けるためにも、介護付有料老人ホームに入る前の費用計画は丁寧に行なう必要があります。

計画性を持って費用計画を立てよう

今後の収入と資産をまとめる

介護付有料老人ホームは手厚いサービスがついてくるため、一般的な賃貸マンションやアパートより割高になります。そのため、生涯を有料老人ホームで過ごすなら今の資産と今後の収入状況を想定した費用計画が必要です。

入居時に必要な費用を書き出す

入居時に支払う一時金や別途でかかる生活費の計算を紙に書き記していきます。それを元に、何不自由なくサービスが受けられるかどうかを判断してから、入居先を決めても良いでしょう。

急な入院に対応できるかも見ておこう

転倒して骨折をした場合や、病気にかかった時の治療費と入院費を賄えるくらいの費用も今後用意しておくべきでしょう。この辺は後回しにされがちなので、急に入院になった時にあたふたしないためにも入居する前にまとめておくのが賢いです。

値上がりの有無もしっかり確認

施設の状況に応じて、その都度利用料金が変わるところもあれば全く変動しないケースもありますが、今後のことを考えて多めに資金を用意しておくと心から安心できます。また、資産を切り盛りするなら、施設の入所期間を先に決めると赤字か黒字かがはっきりします。

他の出費も費用計画に入れる

管理費と家賃には、雑貨や電話代など生活に関わるものは含まれないため、事前に入居者やその家族が用意することになります。ざっと紙に書き起こして計算すると年間でかかる雑貨費が分かるでしょう。

費用と計画

ウーマン

一時金が発生しない施設がある

数多くの介護付有料老人ホームがある広島市にも、入居に必要な一時金が不要であるところもあります。費用負担を少しでも減らすのなら、非常に助かるでしょう。

施設にかかる費用相場

広島市で人気が高い介護付有料老人ホームの場合、月額でかかる費用はおよそ10万円から14万円で、内枠には家賃と管理費、食費が含まれています。この場合だと家賃は大体5万円、管理費は2万円から3万円の間、食費も4万円程度と安い方です。

広告募集中